パネルディスカッション Discussion

パネルディスカッション 2008年10月11日

高齢化社会を迎え 家族のあり方などについての公開ディスカッション

パネル010












2008年10月11日(土) 佐賀市文化会館 ホール パネルディスカッション 佐賀県行政書士会
パネル007
司会

赤司久人
(佐賀県行政書士会会員)






パンネル大草秀幸 さん
(佐賀県立女性センター・アバンセ館長)

「漂流家族」では、寅吉 役
脚本 塚本先生のご友人
今回のシンポジュームで、皆さんが『DV』について、もっと知り・考えてもらえればと思う。



三苫紀美子 さん
(佐賀県地域婦人連絡協議会 会長)






古川清 さん
(佐賀県老人クラブ連合会 会長)









田崎エミ さん
(DV 被害者支援「黄色いリボン」代表)
今回の漂流家族でのDVは、かなり軽度ですね。
また、美和子さん(劇でDVを受けた)は絶対に
戻るべきではありませんね・・・(笑)




徳永 浩 さん
(佐賀県行政書士会会員)
「かかりつけのお医者さんを持つように、困りごとがあれば、まず相談に行く場所、そういう役割を行政書士は担いたいと思っています。パネリストとして、この点を一番伝えられたらと心がけていました。」
※別途ビデオコメントがあります。