漂流家族 あらすじ News

あらすじ (1) 祖父の死

物語は夫婦のトラブルから始まります。

1-1.失業中の夫は鬱憤を妻への"DV"家庭内暴力で晴らします。

あらすしA1
酒を浴びる  "一郎"
夫を嗜める 妻 
"美和子"

家業の農業では生活ができない!
建設業の会社に就職も、リストラで、
失業者に。

やりきれない思いの 一郎
心を痛める 美和子

ここから 物語が始まります。



 

1-2.楽しい家族団らん。

あらすしA2 古川家のおじいちゃん寅吉

寅吉はとても陽気で朗らか、

三味線も歌も最高。

そんな おじいちゃんが大好きな
孫の和樹(一郎の長男)
   麻衣子(一郎の長女)

※本当に歌はお上手でした。





孫の和樹は、寅吉と約束をします。

古川家の三代目として、しっかり農業を
継ぐことに指切りをします。




1-3.そんな中 突然、寅吉が倒れ天国へ旅たちます。

あらすしA3
親戚に知らせる 嫁 美和子






知らせを聞く 長女 咲子

次男、高志

叔父 勝男
※ 寅吉の弟



 

あらすじ (2) 争い

相続の争い

2-1 兄弟の争い。

あらすしA4
法要もそこそこに、


次男 高志は 相続の話を切り出します。

そこに、
長女の咲子も自分の権利を主張します。


長男 一郎は、二人の主張が
身勝手であることを強く言い聞かせます。

たまらず、高志と一郎は つかみ合いの
喧嘩をはじめます。

その仲介に 美和子が入ります。

その美和子に一郎は手を上げ、
畳に投げつけます。

穏やかな家庭は、決定的なトラブルに
巻き込まれます。

2-2 そこに咲子の学友である行政書士をしている長尾が現れます。

あらすしA5
咲子は
行政書士が 遺産相続などの相談を
してくれるのを知り、
長尾の力を借りることを決めます。

あらすじ (3) 離別

家族の崩壊

3-1 美和子は離婚を決意し 実家に長女を連れて戻ります。

あらすしA6
再び 酒を浴びる 一郎

一郎は言います。
「農業だけでは生きられない。」
「高志は、大学までやったのに。」
「土地は、自分のものではない。預かり物だ。」
「やめたのではなく、やめさせられた。」

前向きにはなれません。

美和子は
子供たちを連れて実家に戻ろうとしますが
長男の和樹は「ここに残る。」と言い出します。

それは、大好きな 寅吉との約束(指きり)
があったからです。
古川家は僕が守る・・・・




3-2 相続問題の解決・・・遺産分割

あらすしA7
行政書士の長尾のアドバイスを受け、
叔父の勝男の尽力で話し合いがまとまり、
相続問題が解決した。
遺産分割協議書を作成した。
長尾からの説明を聞く遺族。



あらすしA8
寅吉の 一周忌を控え

長男 和樹は母 美和子を思い
寂しさにに絶えています。



また
美和子も長女 麻衣子も
和樹との別れた生活が
苦しく思っています。

一緒に
暮らせれば・・・

あらすじ (4) 和解

一周忌を期に和解へ

4-1 相続問題を解決し、美和子に詫びる一郎。

あらすしA9
相続の問題も無事解決し

一郎もようやく
別の働き口を見つけた。


一年ぶりに全員、顔をそろえる 
寅吉の一周忌の法要

和尚は
足を シビらせ・・・・アイタタタ・・




一郎をはじめ 
咲子や祖母康江から家に戻るよう
お願いされる 美和子。

美和子は、叔父勝男から古川家のことは 時々会って知っていた。


4-2 再び家族の絆を取り戻す。

あらすしA91
一郎を許す美和子。
喜ぶ和樹と麻衣子。


そこに

懐かしい三味線の音。

全員耳をそばだてる古川家

寅吉だ!



全員が確信する。
寅吉も、本当に喜んでいる。

寅吉に呼びかける
麻衣子と和樹。


あらすじ (エンディング)

家族の幸せ・・

あらすしA92
素晴らしい舞台でした。

多くのお客様が
惜しみない拍手を送られてしました。

涙を流した方も大勢いらっしゃいました。









幕が降りるまで

大きな拍手に包まれた舞台でした。




行政書士の先生がされている舞台とは
とても思いませんでした。


熱い想いが 胸を打つ とてもすばらしい
作品でした。
ありがとうございました。