ブログ blog

これからどうなる経済

2009年09月22日 (火) 10:04
これからどうなる経済先の選挙で自民党から民主党へ、政権交代、さまざまな思い、期待と不安、公約がどれだけ実行できるか、公約の中には賛成と反対が渦巻く、今までの流れをどう変えるのか、いっきに変えられるのか、その影響は、公務員は、天下り法人の件、沖縄の基地返還を始めとする外交は、子供手当、高速道路の無料化、福祉、高齢者、年金、考えればきりがない、建設産業もどうなる事やら、期待と不安があるが、これらの事は国家の存亡であり間違いましただけではすまされない、政治家はいつも命をかけているというが、言葉とは乖離している、責任の取り方が解散ということだけではすまされないはずだが、国民が安心して生活できるように導いてほしい、学校は出たけれど就職口がない、都会で就職口がないというが、田舎はもっと厳しい、最低賃金、皆が知っている、正規の社員となれるような会社は指で数えるくらいしかない、どんなにいい大学を出ようがどうし ょうが就職口はなく、親は大学まで、気を使い、金を出しているが、やはり毎年佐賀県は都会への人材配出県である、人口と言えば老人が多くなり、若者が出ていく、すると経済はどうなるか目に見えている、しかし都会は人口が多いとかグローバルだとか地域を見下す、日本が一番といっても世界各国の人口と面積には勝てない、そんな日本がどんなに主張しても見えないところで見下され、おだてられ、金と人材を求められている、まさに東京と地域の差がそこに厳然とある、いかに福岡が大きいといっても所詮東京と、その差は歴然としている、そんな日本を政治家は何処え導いてくれるのだろう。ただ見守るしかない。一年後二年後の明るい未来を信じたい、

 グリコは大阪が本社であるが、たしか前は佐賀が本社と思っていたが、森永キャラメルも勘違いかなぁ、いつのまにか、なんでも消えていくのかなぁ・・・・・・

トラックバック

トラックバックURI:

コメント

名前: 

ホームページ:

コメント:

画像認証:


Blog Category

Blog Calendar

BBS Theme

公益法人改革と行政書士会の関...

公益法人制度と日本行政書士会連合会及び各都道府県行政書士会の関係について従来の公益法人制度を抜本的に変える、公益法人制度改革三法が平成1­8­年6­月2­日に公布され、平成2­0­年1­2­月1­日から施工されています。このことと各都道府県行政書士会との関係について、単位会関係者から確認を受けることが多いことから、、以下に整理してお示しいたします。1­.­公益法人改革の概要〇従来の公益法人制度を抜本的に変える、公益法人制度改革三法が平成1­8­年6­月2­日に公布され、平成2­0­年1­2­月1­日から施工されています。〇新制度では、民間非営利部門の活動の健全な発展を促進するため、じゅらいの主務官庁による公益法人の設立許可制度を改め、公益性の有無に.­.­.­
RSS 2.0
あなたは
のお客様です。