ブログ blog

【かずおの掲示板】暗い言葉を明るい言霊に変える

2006年12月01日 (金) 16:39

私は、違う言葉を選択する。明るい言葉を選んで使う日もある。
ともすればうつ病的になることもある。
いい言霊を使っていると、いつか心が安定し言葉と思考が一致する。いや言葉の通り自分が生き生きしてくるものです。先月私は忙しい忙しいの連発でした、すろとなぜか本当に忙しくなってしまったのです。
公私共に口では言いようのない位多忙になり、最大のピンチに見まわれました。想いというか、言霊というか、そういうものは自分で作り出すことが多い。だから楽しみながら言葉遊びをした方がいいと思います。

楽しみながら未知の世界を夢見ることです。未来が開ける明るい言葉を使いつづけたいものです。いつか必ず楽しい未来が展開すると思います。もし今だめな人は過去の自分が悪いのです。いずれにしても、今現在があるのは自己責任による過去の集大成だと考えられます。 

運とは・・・・これなんぞや

私は運も自己責任の積み上げでそうなるものと考えております。
まず人から好かれることが大切だし、私達ほとんどが愛の結晶としてこの世に生を受け、更には皆から祝福を受けて育ってきた。育てていただいたはずなのに、自らの我がままで自分の幸せを遠のけていく、運を捨てて去っているのです。
親兄弟を始めそこに縁があるのだから、それを大切にセロということだと思います。そういう縁があるということで一期一会といいう言葉が存在するのだと思っております。人から好かれていると運が向いてくるし、嫌われると運が逃げていきます。
人から好かれるとその人たちの応援があり、何をしてもどんどんツキが運が向いてくる、そんなものです。皆さん、あなたはどんな人物だとして評いるのでか、あなたに友達はいますか、ある日突然無一文になっても助けてくれる人はいますか、そんな人はほとんどいないのではないでしょうか。

こう考えると、非常に分かりやすいのではないのでしょうか、たぶんあなたの周りに 10 人の友人もいないのではないでしょうか、ある時、神様が 100 人の経営者の前で経営を話をした、それを細かく書き記したのは 3 名、要点と思うところを書き記したのは 5 名、他の人はいい話だけどそんなこと常識と聞き流していました、数ヶ月後そのことに遭遇した時、どうしたらいいか分からなくなりました人は一週間もすればどんな言い言葉も忘れてしまうものです、だから成功者は 100 名の内に 3 名しか 5 名くらいしかいないのです、人はそんな簡単なことと聞き流し実はそれが宝の話だということに気がつかないものです。昔のように景気の良いのが、今一度来るかのように思っている人は多い、しかしその人達も実のところは、そんなに景気のいい時代は必ずやってくるとは思ってはいない、わずかな願望なのです、いつも代議士や役人、偉い先生達は、多くの理屈を並べ自分達の保身に走り、国民が豊かになるとなぜか自分達が損をしたような感じになり、国民に税金を付加して、景気を規制してしまったのです、それは、相手ばかり儲かってとの妬みより始まったのです、妬みからは何も生み出さない、人は自分だけが儲ければいいと考えるからです、この不景気は人間が生み出したものです。今度は景気が悪くなれば、それを理由にして、今度はいろいろな既成として管理をしようとする、その結果が現在です世の中には白でもなく黒でもないと言うのが沢山あります。でも役人は白か黒にしたがる、もともといろいろな決め事は国民のためだつたははずなんですが、それでは子供は不幸になるばかりです、のびのびと生きてゆけない縛りのかかった、苦しい生活を強いられるからです、でもいつの時代も未来はすばらしいと思います自然の中に身を任せていれば良いのであって、必要以上の賛沢を望んだり物をほしがったりしなければ困ることはないのです、皆さんはわがままで欲のかたまりでありつづけるかも知れない、人の世は無常です、だからといって何もしないで、生きていればいいと言うのではありません、自然に逆らわない人の英知があるのです。

相手は変わらない、自分を変える

ツキが回ってきたとよく言いますが、それはその人がいい方向へ物事を考えるようになった時、より多くのツキが回ってくるのです、私の場合私の身の回りで何かが起こっている時、又自分に何かが起きたとき注意しなさいよ、もっとひどいことが起こるかもしれませんよ、といつもそう考えています、それから一月位は用心をしています、何事もなく過ぎ去ってたら厄払いが出来たと喜んでいます、そうしているうちにいい波動が、ツキがやってきます、相手が悪い、相性が悪いこれはあるかと思いますが、困ったことだと思わないことです。何か教えていただいている、もしくは、ビジネスのチャンスかもしれないのです、そう考えたら自分を変えることができます、相手は変わらない、また変わってくれないわけだから、自分が変わっていかなくてはどうにもなりません、そう意識することで、物事は変わります。トップが変わらず部下にばかりかわれといっても変わりません、まず自らが変わることです。一番簡単なようですが、それが又難しいのです、皆さんはいかがでしょうか、ひとつ自分を変えてみることに挑戦してください、まず、それは自分へ、第一のチェックポイントです。これなくして経営の合理化は夢のまた夢です。〔皆さん、この戦いは、長く続くのです、ひたすら基盤を作ることです〕 

【今月の一言】
朱に染まれば赤くなる

貧乏人が集まってきます、だから金持ちには金持ちが群がるのです。 , 同じ種類の人が走党を組むのです、自分はどこの位置にいるか確かめてください、すると自分のレベルが分かります、-段上を目指してください、そうすればいつか知らないうちに自分自身が向上しています、周りに影響されるからです、決して無理はしないことです、無里をすれば元もこもなくすことがあります、いい朱に染まることです。

状況を作り出す

状況を作り出す、そしていつのまにか同調してしまっていることです、私の場合には身の調子が悪いときは、服装から全部一新して現状と違う、真反対の自分を作り出すことがあります、すろといつのまにか病気がよくなっていることがあります、そういう状況を作り出す、そうすれば水のように高いところから低い所へ流れるものです。おのずとそうせざるを得ない状況を作り出すことです。まえにも言霊について…があ蹴杁いい事を口癖みたいに述べているすると知らないうちに、いつも話をしている良い方向へと行動が変わって行けば、体調がよくなったり又お金儲けが出来たりするのです、声に出すことです、そのことが人から見れば大ボラに見えるかもしれませんが、いつかその大ボラが噴き出すのです、その状況と現実が同調します。何回も繰り返すことによって、よく物事が練れていくるのです。 

運と神の力

運とよく言いますが運の中でも、ヒラメキこそ神の力かもしれません、いろいろな事を楽しみながらやっているとある同突然ヒラメキがあるかもしれないし、勉強も半端でなく努力していく、頭の中に多くのことを蓄積してい、あるひ突然ヒラメキがあり、運が向いてきます、運でも金でもそうですが、自分が人や物事を好きになることから運が向いてくるし、人から好かれることによって運が周ってきます、まず人から嫌われることをやめて人から好きになっていただけるよう心がけるべきです、それが神の力となり運となります。苦しい時の神頼みではなく、いかに行動したかにかかってきます、人に好かれると、人が運の良さと成功への道にいざなってくれます、ここが最大のポイントです。運も神の力もあるがままに受け入れ、未来を築きあげたいものです。で処理している、我々にはいかんともしがたい、小さいところばかり目が行き、大きなところで理想と現実は乖離しているのである、その現実と理想論は年をとれば取るほど志とは乖離していく、長いものにはまかれるの論理である〔皆さん、この戦いは、長く続くのです、ひたすら基盤を作ることです〕

年の初めに想いを託す

さわやかにおはようございますと挨拶ができる人になりたい、つぎに、はいといって忠実で、誠実さを伝えたい、正直で隠し事がない、覇す事なく信頼を勝ち取る、その反対の目を伏せる、そらす、瞬きを多くする、視線を避けるとか . そういう人は危険だと思う、気をつけたいところです、前の段で私が述べたことを明日に向かって未来を見つめたいと思います、よく考えると、きっと解決できるし、何とかなります、だから積極的で前向きでありたい、お礼の言葉もありがとうございますから、もっと感謝の気持ちを伝えられるように努力をしたいおかげさまで助かりましたとか、話を聞くときは相手の顔を見て真剣に取り組みたい、わかりましたと必ずメモを取るようにしたい、余り多くを望めばいくつ実行できるか、この目標で私はいくつ実行できるのだろう。 

気働きができるか

これは簡単のようで難しい、他人からごますりに見えるかもしれないが、そうではなくしっくりと気働きができれば人に好かれる、これは同時に相手を誉めてやるそういうことも気配りのひとつです . 人が期待する、気働きができますか。逢う人、会議、その日の行動によって服そうわ変えるそれは大切なことです、始めは相手に覚えてもらうことから始まります、しかし仕事によって異なることも考慮すべきですが、別れ際、相手にいい印象が残せるかこれも大切なことです、ありがとうございました、ではなく、ほんとうに勉強になりました、ぜひまたお目にかかりたいものですという言葉がいいと思います、相手と同じ土俵で同調できるかつまり同じ環境で似たもの同士になることです。こういう気働きを心がけたいと考えます。

>>タイトルで検索に戻る
 


 


トラックバック

トラックバックURI:

コメント

名前: 

ホームページ:

コメント:

画像認証:


Blog Category

Blog Calendar

BBS Theme

建設業の皆様へ

これから時々建設業について書き込みます。短い文書になるか長い文書になるかわかりませんが、建設業の許可は勿論のこと経審・入札参加資格申請さらには国・市町村指名願の内容に触れての書き込みとなります。また法改正等で内容が変わることがありますが、その時はできるだけ早く伝えたいと思います。皆さんには御手数ですが、法改正の折には古いものは削除の方向でお願いします。書き込みは佐賀県を中心に書き込みますので、留意ください。コンサル・財務についてもその時その時期に対応できる考え方を書きこんでまいりたいと思います。情報がありあしたら、提供いただければ幸いです。業者の皆さんには手厳しい文書も書き込みますが、人任せの経営からあるべき.­.­.­
RSS 2.0
あなたは
のお客様です。