ブログ blog

【かずおの掲示板】投稿者:遠田 和夫 2005/1/1

2005年01月01日 (土) 16:29

すべてのものが今に集中してしまった、予測外のことで戸惑っている今日この頃です。この 10 年来にない位のタイムスケジュールに悩んでいます、このところこの掲示板を書き込むのも時間がおしいような状態が続いています、公私共に多忙な日々が続きます、こういう時はいろいろな問題も発生します . その問題に対応するのも大変です . 今年は昨年を引きづらず新しく前進したいと考えておりますが、正月からこのありさまです、皆様から適切なアドバイスを受けたにしても現実から簡単に開放されることはないと確信しています . 人から見れば自分だけ儲かってとの中でどうあるいう言葉しか返ってきません、しかし人には平等に1日24時間あります、そくきかは個々によって違いますが . 悪いことをしない限りそう儲かることばなく忙しいとロスが多くなるのも事実です、さてこれからの一年は希望の年 . 再び今年の字です。 これまでの掲示板の集約の年 まず行政書士でも、自由業の人でも仕事がないと言う人が多く。他人が飯を食わせてくれる。あるいは団体がその方向を示してくれると、他人任せな人ばかりである、大体成功している人は、行動派で、 自分を持っている人、こんな人は他人のせいにはしない . 正論であっても世間が今は受け入れないと判断すると方向変換し、世の流れに従い何をすべきかを考える人であふそうして大衆の心を弓 l 付けてだんだん大きく育つのである。何でもこれでいいという限界はないのである、世の中の流れに逆らえばどうなるか、それは皆さんも充分承知のはずである、人それぞれが是非は別として絶頂期を迎えるそれはいつまでも続くものではなく、波打ってくるのである、そのときも、このときも何ら変わりなく . 相手のことを思いやりながら仕事を続けることである、一定のところまでは、世間並みでいいがそれを通り越すと . 自分により激しさを求められることになる . しかし人はそれまでと同じ行動をしてしまう、自分では気が付かない、そこからくだり坂えと向かうことになる。こう考えたとき、食べ物商売でも、私達の仕事も同じである . 食べ物商売でラーメン屋を開くことは誰でもできる、そこからが問題である、味であったり、雰囲気であったり、人付き合いであったり、場所であったり、限りないのである、そんなものは 1o 年もすれば皆変わってしまうのである、そう考えると日々精進するしかないのである、去年の暮れ、家内としみじみ話をした、家内がいった、私達が歩いてきた 27 年を 1 年で教えることは不可能よれ、さらにはそれを学ぼうとする心構えさえ問題であると、そうだれ小さなニアンスひとつでも伝えるのは難しい、夜も眠れぬような時からの全力をかけた展開その苦しさと安堵の気持ちはそう簡単なものでもない . そういうものが必要不可欠である仕事を以来すれば、忙しいと言う 5 時には仕事を終えている、そんな人はそれ以上でもなくそれ以下でもない、そんな人が独立し、楽して儲かろうなんて土台無理である、その中で何人かは成功する人がいるかもしれないが、それはほんの一部の人である、今年は地方分権・町村合併と続きその資質を問われるときでもある、その中でいかに先見の目があるか、この不景気との取り組み、乱れた世間をどう考えるかも問題提起と考える地方分権の先は田舎はもっと田舎になり都会はもっと都会になる . いつかそのつけは人々にのしかかってくるのである、今は自分さえ良ければいいと言う時代である、東京からいろんな物を地方に分散させる、そういう発想がいつのまにかまた元に戻って都会中心に動いている、もし東京に自然災害が発生したら日本は壊滅状態になる、今元気のいい都会があるのなら、いつか、もしものために地方にもその利益の還元を行うべきである.自分の都合のいいことばかりしていると . そのしっぺ返しはいつか自分に帰ってくるものである、とにかく我々人類は他人を思いやることから始めなくてはいけない、そこに道はあるのだと思う。

理想と現実は

昔から、理想それは誰でもが持っていてその通りに進めば、現実も楽しいものとなるだろう、理想を唱えても、現実には、前に立ちはだかるものがいかに多いことか法律を解釈して得意がってもその影で泣く人もいる、司法の裁きも弱者中心ではなく法律が常に守ってくれるなら、弱者・被害者はうれしいが、そうではなく、加害者の刑をいかに軽減するかに紛争されている、の感が強い、そういう力を持つ弁護士を目指す人がいかに多いか、世間で、会社づとめの人も、会社を経営する人も-つ間違えば会社を首になったり、倒産に追い込むことが現実である、しかし宮公署といえば、税金を使い雇用されているのにもかかわらず、責任はほんとに軽いものである、世の中は乱れに乱れている、老人が生活に必要としてためたものを他人がくすねたら、逮捕である、国民が国が少しでも良くなるようにと収めた税金をいとも簡単に自分達の理由で処理している、我々にはいかんともしがたい竪小さいところばかり目が行き、大きなところで理想と現実は乖離しているのである、その現実と理想論は年をとれば取るほど志とは乖離していく、長いものにはまかれるの論理である。〔皆さん、この戦いは、長く続くのです、ひたすら墓轤脊作ることです〕 

【今月の一言】
年の初めに想いを託す

さわやかにおはようございますと挨拶ができる人になりたい、つぎに、はいといって忠実で、誠実さを伝えたい、正直で隠し事がない、扇す享なく信頼をr勝ち取る . その反対の目を伏せる、そらす、瞬きを多くする篇視線を避けるとか、そういう人は危険だと思う、気をつけたいところです、前の段で私が述べたことを明日に向かって未来を見つめたいと思います、よく考えると、きっと解決できるし、何とかなります、だから積極的で前向きでありたいお礼の言葉もありがとうございますから、もっと感謝の気持ちを伝えられるように努力をしたい、おかげさまで助かりましたとか、話を聞くときは相手の " 顔を見て真剣に取り組みたい、わかりましたと必ずメモを取るようにしたい、余り多くを望めばいくつ実行できるか、この目標で私はいくつ実行できるのだろう。

気働きができるか

これは簡単のようで難しい、他人からごますりに見えるかもしれないが、そうではなくしっくりと気働きができれば人に好かれる、これは同時に相手を誉めてやるそういうことも気配りのひとつです、人が期待する、気働きができますか。逢う人、会議、その日の行動によって服そうわ変えるそれは大切なことです、始めは相手に覚えてもらうことから始まります、しかし仕事によって異なることも考慮すべきですが別れ際、相手にいい印象が残せるかこれも大切なことです、ありがとうございました、ではなく、ほんとうに勉強になりました、ぜひまたお目にかかりたいものですという言葉がいいと思います、相手と同じ土俵で同調できるかつまり同じ環境で似たもの同士になることです。こういう気働きを心がけたいと考えます。

未来を考える

たとえばですね、つまりこういうことです、要するにこうすればいいでしょう。否定されたときからスタートをすることです、今までの私は成功の話しかしてなかったけれども失敗の話も必要だということがわかった、私はそれだけつまらない人間だったかも知れない、自分のことより相手に対する誉め言葉がいい、これも極意です、さらには相手の社長に気に入られるより奥さんに気に入られることです、ここから始まるのです。そうでなかったら、成功にはほぼ遠いと思います、抜き身の刀ではなく、脳ある鷹は爪を隠す、そうでないと愚かである、こういうタイプは頭のいい人ほど必要です、今の私は他人にどう受け止められているかも課題となりました、今年は過去ではなく未来を話せる人間になりたい、そう思っている私です。皆さんいい、お年をお過ごしください。

>>タイトルで検索に戻る

 


トラックバック

トラックバックURI:
【かずおの掲示板】投稿者:遠田 和夫 2005/1/1 (ブログ) 遠田行政書士事務所
from coach 財布 (coach 財布) | 2013年07月19日 (金) 03:35

コメント

名前: 

ホームページ:

コメント:

画像認証:


Blog Category

Blog Calendar

BBS Theme

5月のスケジュール

日々新たなり、自ら未来を作り出そう。月間予定一覧へ2­0­1­1­年6­月予定2­0­1­1­年5­月予定1­(日)2­(月)3­(火)4­(水)5­(木)6­(金)7­(土)8­(日)9­(月)1­0­(火)1­1­(水)1­2­(木)1­3­(金)1­4­(土)1­5­(日)1­6­(月)1­7­(火)1­8­(水)1­9­(木)2­0­(金)2­1­(土)2­2­(日)2­3­(月)2­4­(火)2­5­(水)2­6­(木)2­7­(金)2­8­(土)2­9­(日)3­0­(月)3­1­(火)人は老いたら気力をなくし、子や孫そして自分を思い日々明け暮れる。
RSS 2.0
あなたは
のお客様です。