ブログ blog

【かずおの掲示板】偉大な才能なのか

2004年06月01日 (火) 16:18

人から頼られる。頼まれるそれは才能なのか、そうです才能なのです、人から好かれる人そういう人は、人から信頼されていろんなことを頼まれやすく、幸せになるのです。私は、過去において、完壁な人間を目指していたのかもしれない、しかしある時それではだめだということがわかった、一見、完壁に見えても、もう一つの方向から見たら、そうではないと知りました、そうです人は 10 人と色という事なのです。私の、友人にすばらしいやつがいました、彼についてほとんど悪口を言うやつはいなかった、年上からも、年下からも、同級生からも、しかし彼の奥さんは違っていた、そんなに回りに気を配れるなら、自分に気を使ってほしかったのです、回りの女性からも彼はモテモテだったのです、だからある意味奥さんにとっては強い嫉妬があったのです、ただ自分が何が完壁かといえば、人生にほとんど完壁はわからなくなり、変化を求めてしまうのである。気がつかないところで嫉妬は進んでいました、存在しない、余り平穏無事だと幸せか。不幸真剣に取り組めば、取り組むほど求めているものが遠くへ行くこともあります。結婚するまでは、面白い人 . 楽しい人ですが、結婚して子供が出来てしばらくすると、それより、まじめで、四角四面な人、きちんとした紳士であってほしい、歌を歌ってふざけてもエッチな話をしても、自分の主人にはしてもらいたくないと睨みつけます、さてさて隣のご主人がそうだとなぜか奥様方は、なぜか楽しいのです、この違いは何なのでしょう。同じ行動と、会話でも、夫婦と他人では感じ方が違うのです、家内だけでなく、こういう私もいらぬ事言うなよ、するなよ上思うものです、人とは勝手なものです、私の友人が仲人をやり完壁な挨拶をした、ところがたいしたもんだとは言いながら、内容はほとんど覚えていない、もう一人の友人は間違いだらけ、言葉には詰まる、ところが頑張れの声援までとび回りも何かホッとした感じで盛り上がっている、終わってからもこの話題になり、笑顔・笑顔である、奥さんは恥ずかしさと責任感で顔がこわばっている、る、また仲人をしてくれと頼んでも、二通りいるみたいである、そうこう考えていくと正解はないのである。
初めての総会に。正月と同じで-年に一度の区切りをつける場所、それとも . ただの行事なのか。自問自答の中で望んだ、しかし終わってみれば、いつもと同じ時の流れであった。まさに、相手の言葉尻を捕まえての議論、提案に対する対案はなく、その質問者の程度,が伺いしれる、もっともだと思わせたいのかもしれないが、未来展望が何も見えない、当の本人はいい事を言ったつもりだろうが、中身は何もなく、参考になるものも何もなかった、私は誰から . なんと言われようとも、会と会員未来を最優先し自分のことを最優先しているのではなく、なんと言われようと恥じ入るところは何もないが、しかしさしたる意味もないのに討論会になってしまった総会、会長としての、未熟さがそうさせたのかもしれない従来の総会のあり方から、未来を描き出せる総会を目指したもの、そう願う総会になったのです。〔皆さん、この戦いは、長く続くのです、ひたすら基盤を作ることです〕 

【今月の一言】
不完全主義者と完壁主義者

不完全主義者は、完壁主義者と違い、自分が完壁でないことを前提にしているよって、回りにも気を配ることが出来る、長い時間をかけて完壁主義者を目指せば良い完壁主義者は失敗は他人のせいにする、そうです自分の失敗を他人のせいにするのです、だから周りの人はずいぶん泣かされているのです、完壁はなく更に上があるのです、仕事も、対人関係も少しづつ改善して行けばいいのです、笑顔だって完壁はありません、今日の笑顔よりも少し明日の笑顔が改善されていく、いずれも完壁はない改善し続けることで . すべてのことが良い方向へ向かうのです、でも人間は怠け心がありついつい惰眠に陥り改善することを怠ります、ここから奈落のそこに向かうのです。あなたは不完全主義者ですか、完全主義者ですか、不完全主義者は守ってあげたいと思われ、完全主穣者には守ってもらいたいと考えられるのです、どちらを選びますか。こう考えるといずれもいいのですが、いつも失敗したときは改善を目指せばいいのです。エッ…建行協ですごい話になっている、組織のあり方の中で一定の成果を期待してまたそれを視野においた報告、どんなところで生かされているか、これまでの成果を糧に未来にゆだねる、こんな考えが示された、関心しました、確かにいくぶんかの不満足もある、原点に戻るのも必要である、その理論も一理あり、そこに、またすごい答えが出てきた、任意だから、自分の意思で入会されたのでしょう、強制ではない、誰のものかと、れはまきに不完全主義者と完全主議者のぶつかりですな

予断…世の中はどうなる

このところ役所に行くと、四角四面な答えが多くまさに与えられた答えしか返ってこない、数年前、若者は言われたことはやるがそれ以上はしない、そういう事を云う会社が多かったが、現在は役所に行くとそうだと感じる事が多くなった。田中角栄が戦術や戦略ではない、会って話をしていて安心感があるとか、自分のためになるとか、そういうことが人と人を結びつけると言った、住民のためになるならぱが一番世の中は . 白と黒ばかりではない、敵と味方ばかりではない、中間つまりグレーゾーンが一番広い . 心理は中間にあるといっている上を目指すならグレーゾーンをいかに手元に肝廷に引き寄せられるかにかかっているのだといっている、何も田中角栄の語録を述べようとは , 思いもしないのだが、人との交わりがきうすになってきているように感じる、どうしたら国民が喜んでくれるかではなく規則規律にこだわり新たな敵を作る、橋本竜太郎も、宮沢喜一も政策 l ま一流だが人間性に少しかけていたのである、いずれでもいいのかもしれないが、人が人を信頼し愉快に楽しく過ごせるこれが一番いいのだが、物欲がはびこり人は心より金なのである。何か模索しなくては、と考えると年をとってしまったなぁと感じる、自分が人間として何をしたのか何をしなければならないのか考える、ゆっくりと時とともに心豊かに時を愛でたい。

妬みを受けるようでは

一方で喜んでくれる、一方でうらまれる、経済がここまで落ち込むと人の世が修羅場と化す、こちらを助ければあちらからは妬まれる、あちらを助ければ . こちらから妬まれる。それで終わればいいが、いずれも真の基本が出来ていないから、いつか自分がそこに落ち込んでいく、時はこれだけ変化しているのに、過去の夢に縛られて何の手を打つで爵はなく日々を過ごしている、自分では完壁と思っているかもしれないが、そうではない、いつの世もこれでいいというのはなく、日々努力の中にある、確かに運も作用するが、運は、気まぐれである、いつその運が舞い込んで来てもいいように普段から準備していることが寛容に思われる建私なんかその妬みをもっとも受けている一人でもある、外から見えるのとは違って.日々勉強の中にある、多くの情報の中からこれだというものを選択しそのものを実際はどうかと検証している、私のクライアントの多くは、何とは言わないが間違っている、会社のあり方も何もかも自由であるが、そこが個人も、会社も ' うことを忘れてはならない、そうでないと成功者ばかりとなる、現実は成功者が打つ手順力諸刃の剣とし。あれば、その逆の人がいる、つまり 10000 円を 3 人で自由に割れば儲かった人もあれば損をする人もいるのである、 10000 円を 3 人で分けて-人が 5000 円もう一人が 3000 円うこともありえる、つまり原資は 10000 円しかないんだから、それ力している人と同じくらい努力しないと、少なくとも同じにはならもう一人が 2000 円といなら。その中で一番努ない、だけれども負から始めるとなればよっぽどの運がない限り倍以上の努力が必要となる、そういえば同じようなことを前にも述べたかも知れない . 人を妬む人は多いが私から見れば、そんな人たちを妬む、日曜まで勉強している自分、でも多くの人は、理由を云う、家庭サービスとか休養とかいっている、私のような貧乏人は余禄はない、人が休日で遊びに行く、パチンコに行く、その人は 5000 円・ 10000 円とか使う、何もしない私は、何の金も減りはしない、まして仕事につながる勉強を怠りなくしていたら、また仕事をしていたら、いくらかの収入がある . その差は大きくなる、月に何万円がの差が出てくる一年では、 1o 年ではその差は天と地の違いとなる、妬む前にまず自ら成功のへ道を目指しているのか、お金がたまるように努力しているのか、問うべきである、いずれも失敗への道とか、お金が減っていくように努力している人が多く見受けられる、各云う私も心が弱く、やさしさがあだをなしている事が多いただ果報は寝て待てではない、寝て待つ時は仁慈を尽くし天命を待つこの時のみである、妬みより、世の中に幸せを返したい。妬みからは何も生まれない、すべて自らの行ないにより起こるのである。


>>タイトルで検索に戻る

 


トラックバック

トラックバックURI:

コメント

名前: 

ホームページ:

コメント:

画像認証:


Blog Category

Blog Calendar

BBS Theme

5月のスケジュール

日々新たなり、自ら未来を作り出そう。月間予定一覧へ2­0­1­1­年6­月予定2­0­1­1­年5­月予定1­(日)2­(月)3­(火)4­(水)5­(木)6­(金)7­(土)8­(日)9­(月)1­0­(火)1­1­(水)1­2­(木)1­3­(金)1­4­(土)1­5­(日)1­6­(月)1­7­(火)1­8­(水)1­9­(木)2­0­(金)2­1­(土)2­2­(日)2­3­(月)2­4­(火)2­5­(水)2­6­(木)2­7­(金)2­8­(土)2­9­(日)3­0­(月)3­1­(火)人は老いたら気力をなくし、子や孫そして自分を思い日々明け暮れる。
RSS 2.0
あなたは
のお客様です。