ブログ blog

【かずおの掲示板】良きスタートは切ったものの、、

2003年02月01日 (土) 18:03

良きスタートは切ったものの中身は厳しい
先日賀詞交換会で、熊本のKさんとの話し、建設業は厳しいよ。そうですね、公共工事が厳しいのはわかるが、中小企業の業者はかわいそうだね、私たちも厳しいが、仕事が少ない上に先が見えないこの言葉の意味は何だろう。今から3月まではそこそこに仕事がある、!忙しいようだが、どうだか単価が折り合わない、下請けだとなおさらだ、そこにリコーポンドがあり消費税があり、基準局の労災加入.更に上乗せ労災、建退供鶴退職金加入、写真管理から始まる残業代、前受金に対する金利、500万以上の受注には、.\'卿ズ、特殊法人の乱立、書き出せば次から次ときりがないくらい出てくる、国民の利便とは何かと考える今日この頃である。複雑になればなるほど、税金は使われるのである。我々に将来がないのなら、いずれ政治家も、官僚も将来はない、全て国民は相互扶助の中にある。これからは問題点をひもといて努力しなくてはならない、しかし高齢化が進み若者の仕事場はなく、フリーターと言う人物がふえている、どこに税金を生み出せと言うのか、高齢者には、福祉が必要で金が必要、失業者も同じ、いつも論じられるのは金持ちの論理、建設業法しかり誰かが、行政書士が一番少ない県は佐賀県と言った、その佐賀県は他県に比べ開発が極端に遅れている農業県である、大手ゼネコンの不良債権処理150o億円、その前にも債務の処理がなされている。このゼネコンに注がれた金を佐賀県に投入されれば、いっきに不況はフシとび、バブル時以上となる、弱いものは破産者となり、強いものは会社再生法で救助してもらう。いつの時代も同じである、、だからこそである、、混沌とした世の中だからこそ-歩ぬきんでれば道は開かれる、抜き出るためには何をすべきなのか。それは挑戦弱き我が身を振り絞り、未来に向かい挑戦する事。公僕も、一点の光を消すのではなく、灯台の火をともすべきである。逆恐のときこそ、おもしろく、楽しく、希望に向かうべきである。おごる平家久しからずと言う言葉の教訓がここに生きるのである。 

明日へ向かって前進
人事を尽くして、天命を待つことだ。笑顔がいかに大切かしかめっ面では、生き生き仕事が出来ない。嫌々やる仕事とは5倍は違う、とにかく楽しくやれだ。あるレストランの店長が、アンケートをとった、すると店員のマナーがよく笑顔で迎えてもらったと答えた人は、美味しかったと答え、値段も手頃だと答えた↓かし、ぶっきらぼうと答えた人は美味しくない値段も高いと答えた、いかがでしょうか。いずれにしても、笑顔で、明日に向かって前進するならばすばらしい人生が送れるの電はないでしょうか。想いを、日々重ねながら、我を張らないように時を刻む人を好きになれ、人を理解せよ、それが商売の秘訣やと好きになれと言われると、異性がいいと思う、私もそうだと思った。しかし、商売をしようと思ったときお客の好き嫌いは出来ない。お客様は、皆神様ですと、まして会社を経営するようになったら好きとか、嫌いとかで人を使うのではない全部まとめて使わねばならない。人をよく観察して、魅力ある人間になることだ、それはとりもなおさず相手の事を良く理解してやれる人間になると言うことだと思う。ハイとかいいえだけでは、何の進歩もない明日の希望へと向かおう。

【今月の一言】ひと月を振り返りゼロから始まる 

一月は過ぎたが、旧正月である。新月となるこの曰また始まりの時でもある。月が欠け、暗闇となりそして又始まる、満月へと誘う、その月である、細かく気を配りながら大胆に行動する。原点に立ち返る、新たなる挑戦の月である。でも、そこに鰯 : 女神もいるが . 悪魔もいるである。だから上いって、何もしないのは、犬やブタと同じだ。恵まれた、日本の環境の中で更に未来を見つめる、今まで人はそうやって成長を続けてきたんだからまだまだ人はそれからで、と希望のゼロから始まる、白紙の自分の絵を大胆にかつ繊細に描き続けたいものです。誰にでもいくつかのチャンスはある、気づくか気がつかないか。それは、その人の心の中にある、今の自分は神が与えた試練の中にあり、その人生の正否は己の中にある。

 

>>タイトルで検索に戻る 


トラックバック

トラックバックURI:

コメント

名前: 

ホームページ:

コメント:

画像認証:


Blog Category

Blog Calendar

BBS Theme

3月のスケジュール

日々新たなり、自ら未来を作り出そう。月間予定一覧へ2­0­1­1­年4­月予定2­0­1­1­年3­月予定1­(火)2­(水)3­(木)4­(金)5­(土)6­(日)7­(月)8­(火)9­(水)1­0­(木)1­1­(金)1­2­(土)1­3­(日)1­4­(月)1­5­(火)1­6­(水)1­7­(木)1­8­(金)1­9­(土)2­0­(日)2­1­(月)2­2­(火)2­3­(水)2­4­(木)2­5­(金)2­6­(土)2­7­(日)2­8­(月)2­9­(火)3­0­(水)3­1­(木)人は老いたら気力をなくし、子や孫そして自分を思い日々明け暮れる。
RSS 2.0
あなたは
のお客様です。