ブログ blog

【かずおの掲示板】さあ新年の誓いは、実行できるか。

2003年01月01日 (水) 17:59

賀正皆さん昨年は大変お世話になりました。今年も皆様のよきパートナーであるよう努めて参るつもりです。私の事務所も今年で 25 周年を迎えます、皆さんはいかがですか、今年

もいい年、いい福をお届けしたいと思いますが、よろしくお願いします。私自身も今年は、自分を変えて前向きに行動したいと思います。皆さんはいかがですか、今更と言われそうな気もしますがどうでしょう。前にも、述べたことがあるかと思いますが 100 人の中の 3 人か 5 人しかなれない成功者を目指したいと思います、理屈はともあれ新年です。いや成功者は実は10 CO 人に-人か二人ぐらいかとも思います、皆さんは何年生きてこられたか知りませんが、これまでの結果が現実です、野球であれ、サッカーであれ、マラソンであれ基本に努力があればその積み上げこそが成功の秘訣です。人以上に努力しましたか、今年も数多くの試練が待ち受けている事でしょう、だけれども我関せずとマイペースの人がいる、良きにつけ、悪しきにつけ、その人の人格が負うところが多い今年は不況の風に流されて下向きの暗い気持ちになる人が多くなるだろう。だからこそ . 上を向いて明るい笑顔でいたい、それこそが福を呼ぶ秘訣である。 2003 年はそれぞれの人に記念すべき年となるでしょう、叱られ問答・…・松下幸之助の経営哲学に無借金経営は成功への経営システムエ場を建てるにしても人を採用するにしても自己資金には限りがあるから分を弁えた仕事をする、更に資本金は事業が立ち上がるまでの資金があればよい、戦後まもなく、借金経営で成長したが本来なら銀行から受けるのは運転資金融資が正常で、投資は原則として自己資金で補うべきもの、これを履きちがえると会社がおかしくなる . だから無借金経営が必要なのだ、堅実経営を唱えながら私利私欲に走る経営者ばかりである倫理を失った経営、それこそが今の日本経済であると述べられた貴方はどの道を歩いていますか、楽しみな-年になりそうです。

明日へ向かって前進
人事を尽くして、天命を待つことだ。笑顔がいかに大切かしかめっ面では、生き生き仕事が出来ない。嫌々やる仕事とは5倍は違う、とにかく楽しくやれだ。あるレストランの店長が、アンケートをとった、すると店員のマナーがよく笑顔で迎えてもらったと答えた人は、美味しかったと答え、値段も手頃だと答えた↓かし、ぶっきらぼうと答えた人は美味しくない値段も高いと答えた、いかがでしょうか。いずれにしても、笑顔で、明日に向かって前進するならばすばらしい人生が送れるの電はないでしょうか。想いを、日々重ねながら、我を張らないように時を刻む人を好きになれ、人を理解せよ、それが商売の秘訣やと好きになれと言われると、異性がいいと思う、私もそうだと思った。しかし、商売をしようと思ったときお客の好き嫌いは出来ない。お客様は、皆神様ですと、まして会社を経営するようになったら好きとか、嫌いとかで人を使うのではない全部まとめて使わねばならない。人をよく観察して、魅力ある人間になることだ、それはとりもなおさず相手の事を良く理解してやれる人間になると言うことだと思う。ハイとかいいえだけでは、何の進歩もない明日の希望へと向かおう。

【今月の一言】本年もよろしくという心 今年もご指導ご鞭燵をと言う心。年の始めによく使われる言葉である。しかし日がたつにつれ、私が、俺がの世界になる。人に言う方(指導する)も言われる方(指導される)もお互い責任がある。だからよろしくお願いしますという心、原点へ立ち返ればいい。でも、あなたはなかなかそこに行けないのかもしれない。なぜなら口ではご指導をと言いながら、自分の意に添わないと反発する。どうでしょうかといいながら結論はしっかり持っている。夫婦さえ、うまくいかないのに、まして他人となるとそれ以上となる。だからこそ、今年はご指導ご鞭燵をと言う心。それが倫理今年は、皆さんと考えてみようと言う心を持ちたい。今の貴方は、未来の貴方は、今の貴方にあるのです。自分で作り上げた貴方の道です。

  

>>タイトルで検索に戻る 


トラックバック

トラックバックURI:

コメント

名前: 

ホームページ:

コメント:

画像認証:


Blog Category

Blog Calendar

BBS Theme

あらすじ (1) 祖父の死

物語は夫婦のトラブルから始まります。1­-­1­.­失業中の夫は鬱憤を妻へのD­V­家庭内暴力で晴らします。酒を浴びる夫一郎夫を嗜める妻美和子家業の農業では生活ができない!建設業の会社に就職も、リストラで、失業者に。やりきれない思いの一郎心を痛める美和子ここから物語が始まります。1­-­2­.­楽しい家族団らん。古川家のおじいちゃん寅吉寅吉はとても陽気で朗らか、三味線も歌も最高。そんなおじいちゃんが大好きな孫の和樹(一郎の長男)麻衣子(一郎の長女)※本当に歌はお上手でした。孫の和樹は、寅吉と約束をします。古川家.­.­.­
RSS 2.0
あなたは
のお客様です。