ブログ blog

【かずおの掲示板】これからの経営者に、、、、

2001年11月10日 (土) 17:48

これからの経営者に求められるものは(2)

会社に期待するのではなく、期待される人間になる社員はいま、会社が社員に対して何をしてくれるかを問うべき時ではない社員が会社に対して、何をすべきか、問わねばならない時だそして会社から期待される人間になれ、皆さん如何ですか、経審の結果が出た、この結果を見て経営者は何を考え、国、県は何を考えたか経営者は悲喜こもごも、その場しのぎ、少しは改善の向きもあるが、今年の傾向は売上ダウン、利益の停滞、借り入れの増、社屋を含め固定資産の増.旅行、ゴルフ何と考える。子供と同じだその場しのぎ、言い訳の連続、国や県は2年に1度の格付ここに不良不適格業者の排除、売上のごまかし、配置技術者の件、決算書の改霞一括下請の禁止、丸投げの禁止、上受けの禁止、同クラスの下請の禁止、そしてISOの導入、国は経済がどうなろうとお構いなしに官主導でくる、建設業界は何も手を打っていない、打ったとしても大手の自分中心的な考え、これではいつか行き詰まるさあ経営者の皆さん、やり方次第では成功も、手を打たなければ破綻も、如何しますか。

【今月の一言】

ムリ、ムラ、ムダ、の検証。 好機を知り、自在に自由にいきる。

経営者は何をすべきか求められている、しかし何も出来ないしない、それなら一介のサラリーマンとして生きた方がいい大成もなげれば失敗も少ない。今月から事務所の中を整備し建て直して見てください。事務所は幹部の意向を如何にまとめていけるか、この事が現場を左右するし会社の生き死にに係わります。良い事務員はひたむきに会社の事を考えている。この人は会社の悪口でも言おうものなら、涙を流す、どん欲に物事に取り組んでいる、如何でしょうか。

 

>>タイトルで検索に戻る 

 


トラックバック

トラックバックURI:

コメント

名前: 

ホームページ:

コメント:

画像認証:


Blog Category

Blog Calendar

BBS Theme

行政書士としての戯言

­0­0­9­年0­2­月1­5­日(日)1­2­:4­2­日頃より全国の行政書士会会員の皆様がたにおかれましては、行政書士制度の発展に寄与して戴き、心よりお礼申し上げます。さて私たち行政書士を取り巻く環境は日々厳しさを増してきておりますが、それを不動のものにする為には日本行政書士会連合会がしっかりとした基盤を築きあげ、全国の会員に指標を示すべき立場にあるのではと考えます。そのためには行事消化の組織運営からきちんと指導できる組織運営に大きく変わっていくべきだと考えております。今までの部会・委員会ももつと進化する時期に来ていると思います。それはいつまでに何をどうすべきか、それを成したら、次にどう進むのかが問題でありますが、残念なこと.­.­.­
RSS 2.0
あなたは
のお客様です。