ブログ blog

現代社会と私の心の戦い

2017年01月07日 (土) 10:14
新しき年

さぁ、また新しい挑戦が始まる、幸せがいつか、欲へと変わる・権利と義務、いつも相反するものがある、其のいずれかを選択するのも自由である、その二つがうまくかみ合うとすればそれが最高であると思うのだが、ままならない、幸せはそばにある、その幸せが分からない、こうなりたいと願う、小さな幸せ、苦労してそこまで来ると、また欲が出る、それが叶うとまた欲が出る、権利と義務も同じようなもので、最初のころは、行き詰ったらこんな権利がほしいと願い、そこに到達すると自分がその時何を願い、何に悩んでいたのか忘れてしまう、そして人は権力に支配されていく、自分に都合のよい権利だけを掲げて、自分だったらこうするのにとの思っていたもの​が薄らぎ義務を負うことを忘れる、昔の成功者・権力者はその一部を地域や人に施していた、今は違う欲の塊になりがちである。昔の教育者は人を育てた、今は生活安定のための職業と化した、着るものがあり一家団らんで食卓を囲み笑顔が、笑いに満ちていた、美味しいものはあるが好き嫌いをしたり、今は団らんが箕臼になりつつある、団らんの中にそれぞれが一日を語り、明日への糧としていた、そこにお互いを想う幸せがあった、世界の中でこれだけものに囲まれ、これほど幸せな国はないはずなのに、それでも欲が加わり、金をむさぼる、そんな世の中である。世界を代表する企業が数多く存在しても、それは、真の日本国民の為になっているのか、私達は人としての原点に返るべきではないか。そんな疑問が自分に問いかける、人も国も権利は主張するけれど義務は果たしていない気がする、国家を未来をこうしたいかではなく、自分の欲の為に生きている、グローバル化が進めば貧困は拡大する、日本はアメリカの何を学んできたか、やはり人は欲と金が支配するのか・・・・・・・・


トラックバック

トラックバックURI:

コメント

名前: 

ホームページ:

コメント:

画像認証: