ブログ blog

時は静かに過ぎて

2016年10月29日 (土) 17:07
時は静かに過ぎて

何でも、何時でも、自分が正しいと考えていると、間違いを犯す、十人いれば考え方は十通りある、自己中心に偏れば、間違いを犯すかもしれない、また他人に迷惑をかけるかもしれない、そんな人は人の助言、意見には耳を貸さない人が多いのではないでしょうか、議論しても足りない時があります、先日会務のことで激論を交わしました、よくよく吟味し、翌日には修正したものです、私の理論も決して間違ってはいないとの自信はある、しかし、もっと全体を見回せば、それがすべてではないのが分かれば、社会通念上正しいものとは言い切れない、、自分の意見を通そうとすれば、相手の立場や気持ちをおろそかにするだけでなく、いつの間にか相手の思いを踏みにじる事もある、いつも謙虚であることが必要である。
 人はうまくいっているときも、苦しい時も周りの力によって生かされている、私が会長になって良く思う所である、私が苦しい時も、楽しい時も、是であれ、非であれ寄り添ってくれる仲間がいる、誰もが気が付かないだけではないでしょうか、誰しもが自分中心で、いつも人に支えられていることに、気が付かないのでは情けないことだけど、それが現実ではないでしょうか、人はいつも相手がこういえば、ああいおうと考え相手の言葉に、理屈をつけようとしているのではないか、当たり前に受け入れようとすれば、それでいいものをつい構えてしまう、良い時も、苦しい時も周りの力によって生かされていることをわかるべきだし、そのことが周りの人とより強固に結びついていくものだと思う、他人を思い、他人に尽くせば、自ずと結果が出る、自然に道は開かれると信じています。


トラックバック

トラックバックURI:

コメント

名前: 

ホームページ:

コメント:

画像認証:


Blog Category

Blog Calendar

BBS Theme

漂流家族 無料相談会 

「漂流家族」舞台劇の終了後に開催された無料相談会劇のテーマでもあった相続・遺言をはじめ、様々な相談ごとを同じ会場でお伺いしました。相談を担当していただいた先生方です。(左右)田中鶴義先生武廣幸夫先生、成富茂安先生西条博美先生、陶山満先生岡野敬司郎先生、古川保博先生【相談を担当して頂きました先生方々です。】相談内容担当先生1­)登記名義の問題武廣幸夫2­)遺産分割協議書の書き方西条博美、徳永浩小柳義則赤司久人、長尾隆弘、岡野敬司郎、吉野健二3­)遺言書の作成方法西条博美、徳永浩、小柳義則赤司久人、長.­.­.­
RSS 2.0
あなたは
のお客様です。