ブログ blog

平成28年6月総会を終えて

2016年06月25日 (土) 10:36
平成28年6月総会を

 定時総会が終了し肩の荷が少し下りた、しかし、より責任が重くなった。日行連通常業務は当たり前、基盤作り・組織、法改正、OSS、制度政策委員会の在り方に加え行政書士の詳細コンメンタル題材は調整、熊本震災、終息していない東北震災の支援、行政書士の知名度アップ、ゆるきゃらグランプリーの会員全員の認識と外に向けての行動、後九か月と時間がない中の全力投球となる、これらの8割は最悪でもこなさなければ勿論・法改正、OSSは外部との関係があり、難しい、それでも気を緩めることなく取り組まなければ、未来への思考はマイナス思考ではだめだし、出来ないことを考えるのではなく、そのことがどうしたら出来るかを思考することが大切だと考える、総会でもそうだが否定することばかりで、未来への提言が欠けている、もっと皆の盛り上がりが必要で、よし今年度はこれを皆でやろうと、少し浮かれる位の楽しさも必要である、言葉を吐く、これは日本人の知恵の中で、左に口で右にプラス・マイナスがある、プラスの思考・その下にマイナスがあり、足をひっぱり、愚痴・妬み・恨み・嫉妬・悪口、他にもあるが、そのマイナス思考が外れて始めて物事が叶うとなる、ここに至らないと幸せになれない。ああだこうだと言っているうちに、時は過ぎ去ってしまう、一つ一つ出来るだけ早く解決することである、議論だけのための組織ではない、いかに実行できるかであり、役職、名誉職に就く、そのことが目的ではなく、皆が幸せに向かって突き進む、その物事を実行する覚悟を持って役員になる事である、会長としては、その夢の実現に向けた道を示す、その責任は重い・会員もその道を一丸となり行動することが、国民の利便に資する事であり、喜びと御礼と感動を得て・皆が笑顔になり、更なる喜びとなる、そこに御礼という形で金銭が伴うが、金だけが至上主義ではない、理屈だけでは先に進めない、国民・皆・人である、私たちが国民にいかに愛され受け入れられるか、そこに私たちの行政書士の存在する意義があると考える。


トラックバック

トラックバックURI:

コメント

名前: 

ホームページ:

コメント:

画像認証:


Blog Category

Blog Calendar

BBS Theme

あらすじ (1) 祖父の死

物語は夫婦のトラブルから始まります。1­-­1­.­失業中の夫は鬱憤を妻へのD­V­家庭内暴力で晴らします。酒を浴びる夫一郎夫を嗜める妻美和子家業の農業では生活ができない!建設業の会社に就職も、リストラで、失業者に。やりきれない思いの一郎心を痛める美和子ここから物語が始まります。1­-­2­.­楽しい家族団らん。古川家のおじいちゃん寅吉寅吉はとても陽気で朗らか、三味線も歌も最高。そんなおじいちゃんが大好きな孫の和樹(一郎の長男)麻衣子(一郎の長女)※本当に歌はお上手でした。孫の和樹は、寅吉と約束をします。古川家.­.­.­
RSS 2.0
あなたは
のお客様です。