ブログ blog

明日を目指す

2015年08月15日 (土) 17:21
明日を目指す

 弱き我が心・窓からふと外を見る、いつも見る風景だが寂しくもまた、もの悲しくも見える、そこから一歩を踏み出したはずだか、物事ははそううまくいかない、、今までも自分一人ぐらいはという人はいたが、そこはそうではないよと想いを伝えていたが、また振出しからやらねばならない、民主主義の中では、決まったらそれに従いより良い方向を目指すべきなのに、それを勘違いして持論をいつまでも述べる。正義かもしれない、正しいのかもしれない、しかしいつも自分一人くらいはと思う人がいれば先に進むのに倍の時間を要する、決めたら協力し実行する、それが一番の近道、集団のみだれは他人から見れば不信感を買い、笑われる、全体の和を乱す基である、議論は激しく、決まればそれに全力、それが出来ねばリダーになれない、なったらいけない、なれるとしたら会は・集団は不幸である、理屈では人は動かないが、心を込めた思いは通じる、相手の考えを理解し接する事もひとつ、明日を目指すには、そこに何をどうするかだが、小さな自分の殻に閉じこもり、自分が生きた、小さな世界を基準で行動する、村・町・市・県・国・世界があり、宇宙がある、各々はその小さな世界でしか生きていないのに、すべて悟った気でいる人がいかに多いか、私なんぞは、まだ、やっと一歩踏み出したひよこである、その私も、みんなの想いを背負い明日を目指す。   天はいつも皆に厳しさを与える、それがそれぞれの与えられた課題。


トラックバック

トラックバックURI:

コメント

名前: 

ホームページ:

コメント:

画像認証:


Blog Category

Blog Calendar

BBS Theme

パネルディスカッション 20...

高齢化社会を迎え家族のあり方などについての公開ディスカッション2­0­0­8­年1­0­月1­1­日(土)佐賀市文化会館ホールパネルディスカッション佐賀県行政書士会司会赤司久人(佐賀県行政書士会会員)大草秀幸さん(佐賀県立女性センター・アバンセ館長)「漂流家族」では、寅吉役脚本塚本先生のご友人今回のシンポジュームで、皆さんが『D­V­』について、もっと知り・考えてもらえればと思う。三苫紀美子さん(佐賀県地域婦人連絡協議会会長)古川清さん(佐賀県老人クラブ連合会会長)田崎エミさん(D­V­被害者支援「黄色いリボン」代.­.­.­
RSS 2.0
あなたは
のお客様です。