ブログ blog

未来の日本

2014年06月26日 (木) 21:23
未来の日本

さて、30年後の日本は?あくまで個人的な発想だが、日本の政策に限界を感じる自分がいる、人口1億2千6百4拾といわれる、現在30年後は少なくとも人口は半減する、その対策はとられていないに等しい、昨年の人口から24万人が減少している中・一極集中の東京、オリンピックまでは何とかなっても一気に衰退に向かう、今の一過程のアベノミクスでは結果・経済は持ちこたえられない、国は1億人の人口維持といっているが、今のままでは絵に描いた餅である、過去政府は4%下げるとか、子供は2人までとか、よくそんなことが言えたものだと、根拠もないのに、今の62歳以下の人口を激減させた国の施策、その時すでに社会保障は破たんに向かい始めていた、出生率1、2とか1、3の昨今ではとてもとても、東京1局集中では、更に住環境は悪く、そこでは子供は生まれない、結婚するより楽しみたい若者が増える、女性の社会進出で人口が増えることはなくむしろ減少する、過去ドイツが移民を受け入れたが職はなく、ドイツ人の仕事もなくなったとある、一時的なものは駄目だと、人口減に関わらず消費税は50%でも足りなくなる、人口が減るという事は今の過疎の地域と同じでいづれ消滅するかも、会社は倒産・スーパー、コンビニ、百貨店が消えていき、電車も半分以下に大学は出たけれど、年金はなくなり、生命保険も破たん、労働者はいない、さて、日本丸よどこえ行く、その問いに応える者はなく、利権に群がる人ばかり、この国の行く先はいづこか・・・・・・
 


トラックバック

トラックバックURI:

コメント

名前: 

ホームページ:

コメント:

画像認証:


Blog Category

Blog Calendar

BBS Theme

佐賀県行政書士会-会員の声

今年入会したばかりの会員ですが、入会した時には、もうすでに今回の話は進んでおり、「そんなことをするんだ」と、思いました。社会貢献の為にと、口では言うが、実際どういうことをするのか。佐賀県行政書士会は、社会貢献という事を実行している事が凄いと思う。(40代男性)佐賀県行政書士会は、(全国で)一番会員数が少ない。なのに、全国に先駆けて、全国初のこの取り組みをするということは、とても素晴らしい事だと思う。(30代女性)保守層の多い、佐賀で、全国初の取り組みを考え、そして実践できた事自体が素晴らしい事だと思う。(30代女性)
RSS 2.0
あなたは
のお客様です。