ブログ blog

水墨画作品展

2012年12月15日 (土) 22:43
水墨画作品展

 平成24年11月16日金曜日から平成24年11月29日木曜日迄の間…第9回・上峰水墨画会作品展が7みやき町中原、風の舘で開催された。
 この日は鳥栖方面へ・私のクライアントの社長の奥さんから水墨画を習っていると聞いていた。私の家内とも仲が良く、私もいろいろと勉強になっていることが多い、ここの社長とも、奥さんとも時々いろんな話をする、すごく参考になることもある。誠実に素直に良く話を聞くことだと思うし、だからと言って無理することではなく、思いやりの中にも厳しさと優しさが必要だ。この人生の機微は面倒で難しい。
 人は皆・悪なき欲がある、誰にでも潜んでいる。その欲は必要だ、時折それが欲が欲を重ねブレーキがきかなくまる。
 そんな一つ一つの思いがあいまみえて積み重なる。
秋空にススキそして雀が二羽・・・・・・・・豆田さん、拝見しました、また、精進してください、趣味もここまでくれば、更にもう一段、一段と上を目指してください、無心で絵に没頭すれば、絵に心・魂が吹き込まれてゆくでしょう。穏やかですが、哀愁も感じました。 水墨画作品展を見て・・・・・・






 


トラックバック

トラックバックURI:

コメント

名前: 

ホームページ:

コメント:

画像認証:


Blog Category

Blog Calendar

BBS Theme

行政書士としての戯言

­0­0­9­年0­2­月1­5­日(日)1­2­:4­2­日頃より全国の行政書士会会員の皆様がたにおかれましては、行政書士制度の発展に寄与して戴き、心よりお礼申し上げます。さて私たち行政書士を取り巻く環境は日々厳しさを増してきておりますが、それを不動のものにする為には日本行政書士会連合会がしっかりとした基盤を築きあげ、全国の会員に指標を示すべき立場にあるのではと考えます。そのためには行事消化の組織運営からきちんと指導できる組織運営に大きく変わっていくべきだと考えております。今までの部会・委員会ももつと進化する時期に来ていると思います。それはいつまでに何をどうすべきか、それを成したら、次にどう進むのかが問題でありますが、残念なこと.­.­.­
RSS 2.0
あなたは
のお客様です。