ブログ blog

自ら進んで幸せ求める

2012年07月03日 (火) 23:36
成功・一口では語れない、困難や苦労に耐えた人、いくつもの困難に直面して、それを乗り越え成功した人、その反対に何事もなく過ごして成功した人。後者は困難に直面したら、人に頼る、心が弱く温室人間となる、それに比べてこれでもか、これでもかと、困難に立ち向かって、成功した人の心は鍛えられている、そんな中で、周りの人から支えられると、そんなことにも感謝しているといつか成功している、その喜びは、やがて自信となり、それが何事にも変えられないものとなり、その人の財産となる、こういう風にして、伸びていく人は、経験の積み重ねの中にあり、不満を持ったりはしない、心配ばかりしていては前に進めない、不満を持てば相手にもすぐわかります、心配ばかりでも前には進めません、そういうものを、すっぱりと横に置いて、毎日笑顔で、その時、その時、を充実させることです、また考えてみるに、私もそんな事に対し言い訳をしていることがしばしばある、反省、現実では、いつもテレビで報道されているのを見てみると、言い訳より一言、すみませんと、素直に一言謝ればいいのに・自分を正当化してしまう、是非の中で真摯に対応すれば言い訳はいらない、今の政治と同じだ、人は信頼を勝ち得ていけば、いく程、その人の価値は信頼の積み重ねである事がわかる、そんなものが、相手の心に響くものだと思う、自分で夢を描き、楽しく取り組んでいけば希望も生まれてくる、前向きで積極的であれば、喜びがより大きくなる、そういうすべての事は、他人に言われて、なすべきものではなく、自ら進んで取り組んだら喜びもひとしおではないか、前向きに・ひたすらに、人生を謳歌したい・・・・・・・・

トラックバック

トラックバックURI:

コメント

名前: 

ホームページ:

コメント:

画像認証:


Blog Category

Blog Calendar

BBS Theme

パネルディスカッション 20...

高齢化社会を迎え家族のあり方などについての公開ディスカッション2­0­0­8­年1­0­月1­1­日(土)佐賀市文化会館ホールパネルディスカッション佐賀県行政書士会司会赤司久人(佐賀県行政書士会会員)大草秀幸さん(佐賀県立女性センター・アバンセ館長)「漂流家族」では、寅吉役脚本塚本先生のご友人今回のシンポジュームで、皆さんが『D­V­』について、もっと知り・考えてもらえればと思う。三苫紀美子さん(佐賀県地域婦人連絡協議会会長)古川清さん(佐賀県老人クラブ連合会会長)田崎エミさん(D­V­被害者支援「黄色いリボン」代.­.­.­
RSS 2.0
あなたは
のお客様です。