ブログ blog

長崎県行政書士会定時総会・北海道会定時総会

2012年06月24日 (日) 10:55
長崎県行政書士会定時

長崎県行政書士会定時総会・会場です、去る5月19日長崎県大村市で開催された。会場の風景です、私は日行連会長代理で参加し会長祝辞の代読、総会の傍聴・懇親会とお世話になりました、また北海道会の定時総会にも参加させていただきました。祝辞代読の前に少し述べた事があります。行政書士会は50周年記念には天皇・皇后両陛下を迎えての開催でした。現在では60周年行事も終えていますが、幾多の問題を解決し士業として国民に寄り添える立場を確立し、士業として弁護士さんと肩を並べられるか、またまた名称独占となっているのか、影も形もなくなっているのかと話し、100周年記念事業において、また天皇・皇后両陛下をお迎えできるそこに向かって努力を重ねていると挨拶を致しました、中身は少し飛んでいますが、皆さんにも協力を得たいとお願いしました、すると懇親会の席で弁護士の先生から日行連の副会長はすごい、決まりの祝辞ではなく堂々と主張された事にびっくりしましたとの話があり、弁護士がなくなっているかもしれないとジョークを入れ話され、つづいて、そのころには私も、日行連の遠田副会長もこの世にはいないかとも思いますが、との言葉に大爆笑となりました。私も思わず起立して笑顔で頭を下げました。弁護士の先生とは酒を飲みながら楽しい時間を過ごさせて戴きました、今度弁護士の総会が佐賀であるから、行きますよと笑顔で話されました、帯広開催でしたが、農業立地が確立し、世界には負けないと自負されていたのが印象的でした、二次会・懇親会の席ではホステスさんが帯広の女性は牛乳をいっぱい飲んでいるから、皆おっぱいが大きいとか、帯広は離婚が日本一だとか聞かされ、へえっ・・・って思いながら聞いていました。長崎・北海道の会員の皆さん本当にお世話になりました、今後ともよろしくお願いします。
 


トラックバック

トラックバックURI:

コメント

名前: 

ホームページ:

コメント:

画像認証:


Blog Category

Blog Calendar

BBS Theme

あらすじ (1) 祖父の死

物語は夫婦のトラブルから始まります。1­-­1­.­失業中の夫は鬱憤を妻へのD­V­家庭内暴力で晴らします。酒を浴びる夫一郎夫を嗜める妻美和子家業の農業では生活ができない!建設業の会社に就職も、リストラで、失業者に。やりきれない思いの一郎心を痛める美和子ここから物語が始まります。1­-­2­.­楽しい家族団らん。古川家のおじいちゃん寅吉寅吉はとても陽気で朗らか、三味線も歌も最高。そんなおじいちゃんが大好きな孫の和樹(一郎の長男)麻衣子(一郎の長女)※本当に歌はお上手でした。孫の和樹は、寅吉と約束をします。古川家.­.­.­
RSS 2.0
あなたは
のお客様です。