ブログ blog

5月の連休・キャンプ

2011年05月10日 (火) 20:18
5月の連休・キャンプ

 今年もキャンプの時が来た、2日早くから出かけるつもりだったが、堤としこさんのお母さんが亡くなり、JA牛津で19時より通夜がとり行われた、宝来会のメンバーでとし子さんが苦労されたことはよく知っていたが、葬儀には行けなかったけれど通夜だけはと最後まで参列した。ご冥福をお祈りいたします。さてその後時間が遅くなったので宝来山にて食事、鮎川夫婦に私たち夫婦・キャンプは4名でその食事に田中さん夫婦が加わり12時過ぎてしまった、その後テントを張り就寝翌朝早く出かけ唐津へそしてふくふく近くの漁師さんから水イカと石鯛を仕入れた、漁師のおばさんにさばいてもらった。福岡で露店風呂に入り壮大な駐車場の片隅で食事、もちろん料理をして、その後福岡で食事そして映画エクレール・お菓子放浪記を見て涙した、個人的に感じたのは映画というより舞台劇の延長のような気がした、その後、北九州へ向かい、道の駅での買い物、途中浜辺で小さなあさり貝を採った、その途中・駐車違反でおまわりさんに注意されるハプニング・何はともあれ、いい思い出・勲章が一つ、いつも何かが起きる、その後キャンプのテントを張るところを見つけ4ケ所を吟味、もちろんその4ケ所にたどり着くのも大変だったけど最初のところに決めた、この場所が写真のところ・夜はパトカーも通ったし音楽を聴きながらのおいしい食卓となりビールに焼酎を少したしなみ10時頃にはテントを張り就寝・次の日の朝早く起きて食事あさりのバター焼き、イカの刺身、サラダと盛だ゜くさん至福のひと時、テントをたたみ出発、そして風呂を探す、いい風呂に巡り合う、食事、大分の耶馬溪へいいところが見つかりそこで食事にテントと最高だった、目の前にたまたまだが筍が一本、テレビで見ていたゆすり竹の話から入り鮎川君が採りたての筍を、家内達が味噌煮と醤油でたいてとてもおいしかった、いつもの贅沢な食事を終え、やはり10時には就寝・早朝の食事・道中の温泉そして、一路佐賀へ・帰ったら帰ったで円城寺さん宅で餃子に始まりいつものり通り夜まで宴会が続く帰りは田中さん夫婦に送ってもらった、さすがに疲れたなぁ


トラックバック

トラックバックURI:

コメント

名前: 

ホームページ:

コメント:

画像認証: