ブログ blog

苦労と体験の積み重ね

2011年04月29日 (金) 20:47
 自分をとりまく変化に伴い、自分の置かれている立場が、状況が急に悪くなることもある。こんな事は誰にでもあり得ることです、私も瞬時パニックに陥ることもあります。そのような体験を重ねる結果、また、それな出来事の一つ一つを蓄えていかなくてはならない、何か目的をもって物事に取り組む、その時・安易な気持ちで取り組んではいけない、かといって慎重になりすぎると貴重な時を失ってしまうこともある。物事を慎重に恐れることなく最善の努力をし続ければその努力や苦労は自分の自信となって残るものです、何か一つのことをやろうとすると必ず予期せぬ問題が起こってきます。、そのことにもとらわれとらわれずに軸足、つまり本来の目的を忘れてはならない、少しばかりの失敗、成功に一喜一憂しているようでは、最終目的を明確にとらえられなくなり目的は成し遂げられなくなります。いろいろな出来事は大局的な目で見て、己を見失わず大道を歩くべきです、ともすれば自分の思い通りにしたいという気持ちが自分の不満を募らせるものです、世の中・自分の思っているようにはまわりません、勝手に不満を持つ、その原因は他にあるのではなく、自分の思い通りにしたいと思うわがままでしかない。、10人人がいたら10人意見は違うと思ったほうがいい、むしろそれが世の中であと知るべきだ、ある時は正論が必要であるかもしれないが、時に日本人は周りの空気も読めないといけない、そんな一つ一つの苦労の積み重ねが人生の成功への道である・この道も一つの道だけど・・・・・・

トラックバック

トラックバックURI:

コメント

名前: 

ホームページ:

コメント:

画像認証:


Blog Category

Blog Calendar

BBS Theme

漂流家族 無料相談会 

「漂流家族」舞台劇の終了後に開催された無料相談会劇のテーマでもあった相続・遺言をはじめ、様々な相談ごとを同じ会場でお伺いしました。相談を担当していただいた先生方です。(左右)田中鶴義先生武廣幸夫先生、成富茂安先生西条博美先生、陶山満先生岡野敬司郎先生、古川保博先生【相談を担当して頂きました先生方々です。】相談内容担当先生1­)登記名義の問題武廣幸夫2­)遺産分割協議書の書き方西条博美、徳永浩小柳義則赤司久人、長尾隆弘、岡野敬司郎、吉野健二3­)遺言書の作成方法西条博美、徳永浩、小柳義則赤司久人、長.­.­.­
RSS 2.0
あなたは
のお客様です。