ブログ blog

【かずおの掲示板】恩と教えと起死回生

2010年06月20日 (日) 19:35
 私はいろんな物に恩恵を感じ生きている、私を指導してくれる人、父母から見守られ家族そして周りの人から温かく深い愛情に包まれながら生きている、いろいろなものに感謝の気持ちで生きて生きたいものだ、先日書士会の総会の閉会の言葉に近頃の心情として小話を入れて閉会の辞を述べた。あなたのところの子供さんは本当に良いお子さんですねぇ、子は親の後姿を見て育つと言いますからねぇ、先日家に帰ったら、子供が出てきてどなたさんですかと言った、エッと思って背中を向けて玄関を出ようとしたら、あっ・・・お父さんと言った、そう言えば最近後姿しか見せてないもんなぁ・・・たまには顔でも見せないと、と云った内容だ、これはあくまで小話なのだが、どんな話しにも裏がある、今月は6月好きな数字がいくつかある中の一つだ・まずその中でも、私が起死回生の転機をと考えている6、そしてラッキー7、更に8は末広がり、その6月である、この一年を省みて、それなりにやったと自分では納得していたが、総会での報告、これからの計画を考えた時、思うようにやれてなかった、総会を省みた時の派閥争いに近いもの、吉田松陰の言葉に、利を争えば乱を生じると在ったのを思い出した、やはりこの時期が来た、人・皆を好きだったから、ぬるま湯に浸かっていて反省が少ない自分がいる、若い頃はもっと自分に厳しかったが、本当はこれからなのに、行政書士会、まして日本行政書士会連合会に出向くようになってから、これといって、嫌いな人とは出逢っていない、まして共に役員をした人からは良く可愛がられたと感謝でいっぱいである。ところが自分ではこうだと思っていたものが微妙に食い違っているみたいな気もする、信念は持っているが、今一度自分の生き方を、いや、想いを反省する、自分を省みる絶好の数字6月がやってきた言葉と行動が始終一貫していないと誰も信用しない、私自身の生き方に感銘していただけるような、そんな生き方を目指して、起死回生の6と云う字に感化されながら我が道を行く、反省の好機到来。

トラックバック

トラックバックURI:

コメント

名前: 

ホームページ:

コメント:

画像認証:


Blog Category

Blog Calendar

BBS Theme

佐賀県行政書士会-会員の声

今年入会したばかりの会員ですが、入会した時には、もうすでに今回の話は進んでおり、「そんなことをするんだ」と、思いました。社会貢献の為にと、口では言うが、実際どういうことをするのか。佐賀県行政書士会は、社会貢献という事を実行している事が凄いと思う。(40代男性)佐賀県行政書士会は、(全国で)一番会員数が少ない。なのに、全国に先駆けて、全国初のこの取り組みをするということは、とても素晴らしい事だと思う。(30代女性)保守層の多い、佐賀で、全国初の取り組みを考え、そして実践できた事自体が素晴らしい事だと思う。(30代女性)
RSS 2.0
あなたは
のお客様です。